託された想いを胸に抱いて

プログラマなどのIT技術者は理屈抜きでカッコいいと感じている方がいるのではないでしょうか。

IT社会に多大な影響を与える素晴らしい人物だと意識していることが考えられて、ともすればIT社会に貢献していく技術者魂の熱意に感服することでしょう。「IT技術者になれば、周りの人達からチヤホヤされる」という期待を抱く方がいるでしょうし、社会的な高い評価を期待することはよくあると思うのです。今日のIT社会が構築されてきた以上は、今後にわたってIT技術者が不可欠であることは間違いなくて、IT社会に関わっていきたい方は、IT技術者になるための研鑽をしていくようになるのでしょう。

今現在活躍しているIT技術者は、次世代に向けて技術の継承をするために後輩の指導に熱を入れていることでしょう。先人たちが築き上げた技術と自分たちが編み出した技術は日本の宝のようなものであり、そうした技術を後輩に託すことのみならず、日本を良くしていこうとする熱い想いも継承してほしいという切実な気持ちが溢れ出ることが多々あると思うのです。そこには技術者らしい高尚なる信念が宿っていることが考えられて、技術者の誇りを含んだ強固な信念を携えることで、次世代のために尽力していこうとする意識喚起につながっていくのではないでしょうか。

若いIT技術者は、そうした経緯を経て技術者魂に火を点けていき、その魂が取りも直さず熟練したIT技術者から継承した不死鳥のごとくの不屈の精神として、自身の胸に宿っていくのです。システムエンジニアという、IT業界に欠かせない存在を目指して・・・

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>